あれだなぁ。

もう北海道は秋というかほぼ冬なのですが、
こう寒いと、どうもパチンコ屋が恋しくなりますわな。




今作る短編集「今日はソープかな」


冬のある日のこと。突き刺さる様な凍てつく風の中、
パチンコ屋へと足を運びその中の騒音と熱気に外の寒さも忘れる。
ほんの時間潰しのはずが、大当りが止まらず、
外に出て見るといつの間にか外は真っ暗に。

財布の中に手に入れたお金を詰め込み、体も財布も温まったが、
外はやっぱり寒い。
「ハァー」と白い息で手を温めながら空を見上げると、満天の星空が。

奇麗な夜空でもやはり僕の好きだった僕はもう戻ってこない。
いや、僕は今の僕が好きなのだ。

僕は財布を握り繁華街へと、足跡と何かを雪に踏みしめながら歩いた。





穢れてしまった心は、もう透き通ることはないのだよ。


にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ





GO!フリ!も今回で5回目!
今回は2008年の6月~12月の導入機種達です。








五号機を振り返る。僕も振り返る。君も振り返る。その1【2005~2006年】

五号機を振り返る。思い返す。その2【2007上半期】

五号機を振り返る。その3。2007年下半期。【神台有。ドラマ有。】

五号機を振り返る。その4。2008年上半期。【りょーりょー】







桃太郎電鉄  07/14サミー
良台。Aタイプで、高設定の割も高くかなり安定していた。
ただ、せっかくの桃鉄の版権なのに、ARTだったら色々
面白い見せ方も出来たんじゃないかと思う台。
面白いけど、桃鉄である必要が全くなかったのではないか。


爺夏  07/28大都技研
アクアビーナスの様に、リプレイがメイン重複役の完全告知Aタイプ。
吉宗のスピンオフ作品。シャッターが「キーン!」という音と共に開けば当たり。
告知音なども良く、かなり好きでした。


サムライチャンプルー  08/04ニューギン
この頃のニューギンは違った。
この頃はニューギンの名前を聞いてテンションが下がることは無かった。
穢れてしまったニューギンはもうだめなのか?
ニューギン!立ち上がれニューギン!


マジシャン  08/18ファースト
ジャグラー。北電子に商標権処分申し立てをされ、
さらに裏物関与容疑で逮捕。後に倒産www
バーグラーは良いのかよwwwww


ザ・ブルーハーツ  08/18銀座
ブルーハーツとのタイアップ。
地元でブルーハーツ好きの店長のお店で
何度が全台MAXに遭遇した。
ブルーハーツ格好良い。


シュート!  08/18JPS
歴史的糞台。幾代も語り継がれるであろう。
JPSの奇跡である。


アカネ55  08/18ネット
55GのRTループタイプだよね?
筐体。


信長の野望オンライン  09/01アイジーティー
気を付けてください。インターネットは繋がっていません。
ついにそこまできたか!みたいな僕のわくわくを返せ。


24 -TWENTY FOUR  09/08大都技研
神台。(えっ?)
新吉宗の焼き直しみたいなスペック。
演出が非常にシュールで良い。
大都初のタイアップじゃなかったっけ?
24を選ぶに至った経緯をまじで聞きたい。


キャッツアイ  09/16オリンピア
良台!でも僕はキャッツアイの三人がだめなのよ。
BBA台。


新世紀エヴァンゲリオン~約束の時~  09/22ビスティ
逆ハサミ台。
一枚役or強スイカorケツ青7ボーナスの出目はインパクトは
あったが、飽きが来るのが早かった。
エヴァ孫が神格化されてたしね。


怒濤の剣  09/22ミズホ
期待枚数7000枚のフリーズがあった。
99%でボーナスを挟んでもずっとRTがループするとか。
当然キチガイみたいな確率だったのだけれど、
僕は特攻する気満々だったが、一度も出会う事が無かった。


バウンティキラー  10/06山佐
業界初!送風演出!!ガクトタイアップ。
ボーナスは搭載されておりません。
ボーナスではなく、代わりにバウンティーが搭載されております。


豊漁  10/06北電子
ジャグラーの3倍くらい面白い。


天地を喰らう  10/20ロデオ
本宮ひろ志マンガのタイアップ。
北斗将と同じ様なスペックのAタイプ。
僕はAタイプは液晶無い方がお好き。


ハードボイルド~グリフォンの幻影~  11/04サミー
これな。めちゃくちゃ面白いのです。
ただ、一度として1000枚以上の獲得が出来ませんでした・・・
ARTはマックス150Gでした。
出目も良いし、4号機のハドボがこんな格好良くなるとは。


巨人の星IV~青春群像編~  11/17アリストクラート


ひゅうまは最高にカッコいい男だぜ。


ランブルローズXX  11/17KPE
継続率を持った1セット50GのARTとボーナスで増やすタイプ。
そしてMAX90%の継続率で、ボーナスを挟んでも継続率そのままで
続くタイプで、かなりの爆発力があった。
しかもART中にはむちむち女子達のプロレスも見れるエレクチオン仕様!


クラッピーパーク  11/17ビーム
170枚のボーナスと無限ARTのストックで出玉を増やすタイプ。
確か機械代が安く、地元で日本一とかって30台程導入したアホ店がある。
最大天井は無限ARTを10個ストック(平均2000G程)と、いかれてる。
通常時の小役で無限ARTのストックをする等、面白いメーカーが
現われたなぁと思ったが、消えてしまった。。。


ハイサイ蝶特急   12/08タイヨー
しゃたろー氏とミルクレープ氏のブログで散々出てきておりますね。
僕はタイヨーの、1BETでレバーを押すと鳴るスクラッチ音が好きです。


ウルトラマン・ザ・スロット  12/08山佐
インフルエンザで仕事を休み打った思い出。
内臓データで偶数か奇数かの判別がある程度出来てしまう台。
デァッ!!!!!


カイジ2  12/08ロデオ
カイジって絶対もっと面白く作れると思うんだけどなぁ。
毎回手抜き感を感じてる気がする。
ちなみに僕は福本信者。


























まだだ。



まだ終わらせない。

ここから、2008年下半期の個人的TOP3を紹介します。
























第3位



アカギ~永続の闘牌~ 10/14藤商事



121942929434516200992



心理描写では右に出る者無し!だけども麻雀はあんまり強くないぞ!
天才漫画家、福本伸之の「アカギ」のタイアップ機!

メーカーはキチガイ煽りはお手の物!藤商事さんからの発売だぁ!!!!!

え?糞台?はい?


君は何も解っていない。「アカギがスロット」これだけで既に神台である。

スペックは、30分の1程の確率で成立するボーナス(3G)でART抽選を行い、
50~90%の継続率を持つ20G1セットのARTを搭載しており、
ARTのみで出玉を獲得するタイプである。

もちろん演出やスペックに不満はあるが、名場面達を良く再現出来ていると思う。

復活演出は格好良いし、鷲頭のマジキチっぷりも素晴らしい。










でも、全然でない。

事故っても1500枚。
95%の振り分けを作れば良かったのに。

そして、天もそうだけど、なぜ藤商事なのだ。
どこでも欲しがりそうな版権なのに。

確実に福本さんは藤商事に何らかの弱みを握られていると思う。
























第2位!!!



鬼浜爆走紅蓮隊~爆音烈士編~  12/15アビリット


paneru



四号機鬼浜の後継機。
これは確実に五号機に大きな影響を与えた一台だと思う。

ボーナス確率が70分の1程と非常に低く、
ボーナス中にART突入や上乗せの抽選を行うタイプで、
振り分けも1G~300Gと様々で、かなり斬新なスペックだった。

そして残りが何Gあるのかが全く見えない仕様。
一度ARTにさえ入れてしまえば、軽いボーナスで何とか出来そうな気がするし、
上乗せの示唆も曖昧で逆にドキドキする展開が続く飽きない仕様。
そして上乗せの振り分けも良く、夢のある仕様。


ARTに入れるまでが大変すぎたけども。

でも、ここからこのボーナス確率が低いARTメインの台も増えました。
このスペックは個人的には大好きです。
最近の台で言うと70分の1でメダルの増えるチャンスゾーンが来る訳ですからね。

最後は電気ゴトの情報が出回ってしまい、悲しい結末を迎えてしまった台。






そして・・・



















第1位!!!!!



バイオハザード  07/28山佐


biohazard500



今なお続くシリーズ、人気ゲームバイオハザードのタイアップ機。
僕はゲームも全てのシリーズをやり続けております。

キン肉マンに続く4thリールのマシンですが、スペックはガラッと変わり、
340枚も取れるBIGと、50G1セットのARTを搭載しており、
設定6の機械割が119.5%と、ハイスペックマシンである。



ただ、この台の魅力はただハイスペックというだけではなく、

まずは設定判別。



単独BIGの確率
設定1 : 1/10922.7
設定2 : 1/5957.9
設定3 : 1/4369.1
設定4 : 1/3449.3
設定5 : 1/2978.9
設定6 : 1/1489.4

単独ボーナス合算
設定1 : 1/4096.0
設定2 : 1/2427.5
設定3 : 1/1927.5
設定4 : 1/1489.4
設定5 : 1/1310.7
設定6 : 1/744.7

ART中のハズレ確率
設定1 : 1/56.3
設定2 : 1/53.6
設定3 : 1/47.3
設定4 : 1/41.3
設定5 : 1/28.0
設定6 : 1/23.0



もうこれ見るだけでおわかりでしょう。
キン肉マンに続き、かなり大きく付けられた設定差。
小役との重複確率は全設定共通。
「さぁ、判別してくれ!」という強気の設定差。

この頃の漢気溢れる山佐は一体どこに消えてしまったのか。

本当に、こういう部分でスロットを楽しめたのは大きかった。


そしてリール。

解りやすい1確や2確。
そしてリプレイが揃った時の第四停止が7ならチャンリプ、
リプならリプレイなのですが、リプレイにも0.5%と割と現実的な重複確率が有った事で、
対応役の矛盾等を生み出す訳ですよ。


ダウンロード (17)

(ボーナス1確目)



やっぱり、ただ

「ボーナスが当たった!嬉しい!」

じゃなく、

「単独BIGが当たった!高設定あるかも!」

の方がスロットって何倍も楽しいと思うのよね。あたし。



そして、ARTの初当たりの一部、もしくは天井で突入するプレミアムART。

ダウンロード (18)


これが凄い。
レギュラーを引いても終わらない、そしてBIGを引いても50%で継続する無限ART。

これがいい色を付けたと思うなぁ。
この時の山佐は本当勢いがあったなぁ。






熱くなってしまうので、この辺にしよう。
















てか、僕のブログは文字ばっかり読み難い。
だからと言って、画像を挿入するのも面倒だ。
挿入するのはおにんにんだけで十分。

にほんブログ村 スロットブログへ




このブログは1GAMEに参加しております!スロット業界盛り上げましょう!
1GAME